更新日 2015年06月08日



日本でも、一般の家庭でスパイス料理を作ることが当たり前のようになってきたようでございます。
各種のスパイス効能が広く知られるようになったからだと言われております。
このコーナーでは、スリランカの家庭で作られるモスリム風味の料理を簡単に紹介しております。

  ※右絵は、神戸時代の「味覚コーナー」看板です。 


 売り切れです! (2015年6月8日)
   ウイラ(WEERA)カレー粉
本体:¥750円(100g)+送料(着払い)
又はレターパック(¥510円) ※消費税サービス
【3パックの注文の場合】:¥750x3+¥510=
¥2,760円】
神戸・北野町時代のカレー風味を再現!
 売り切れです!
 (2015年3月3日)


営業用(500g)
本体:¥3,500円
+送料(着払い) 又は
レターパック(¥510円)
【注文が1パックの場合】
3,500+510=¥4,010円
※消費税サービス



【カーダモン・p】 【クミン・p】 【コリアンダ・p】 【ウイキョウ・p】 【パプリカ・p】


【チャナ豆】 【シナモン・p】 【白コショウ・p】 【ターメリック・p】 【チリ・p】



【カーダモン・s】 【クミン・s】 【コリアンダ・s】 【ウイキョウ・s】 【クローブ・s】 【シナモン・s】 【黒コショウ・s】



 ウイラ(WEERA)カレー粉を使ったスパイス料理の作り方
【チキン・カレー料理(4人前)】
〈準備〉骨付き鳥肉約600g、玉ねぎ1個、トマト1個、ピーマン2個、生姜・ニンニク・セロリ少々、ウイラ・カレー粉、コショウ少々。
〈作り方〉
@鳥肉にカレー粉ティースプーン3杯、塩小さじ1杯半・一味唐辛子小さじ1杯、コショウ少々をかけてよく混ぜます。この時、辛い好きな方は、一味唐辛子をやや多い目に入れます。
Aフライパンにサラダ油大匙2杯をいれて、スライス切りした玉ねぎをよく炒める。玉ねぎの色が薄茶色になった段階で擦った生姜とニンニクを加えてよく混ぜる。
Bそこへ@の鳥肉を加えて水が肉がしたる程度にいれる。注意:水を入れ過ぎないこと。そこへ、薄切りしたピーマンとトマトとセロリを加え、味の素・酢を少々足して、弱火で約30〜40分程炊く。注意:炊き過ぎないこと。
(参考)好みによってカーダモン・クローブ・シナモンを少し加えてください。又、辛い好きの方は一味唐辛子を多い目に。
【なすび・カレー料理(6人前)】
(準備)なすび6本、玉ねぎ半個、花かつおぶし、生姜・ニンニク少々、酢、一味唐辛子、ウイラ・カレー粉
(作り方)
@なすびをよく洗い、5mm程にスライス切りする。 注意点:切った後の「なすび」は絶対に水にさらさないこと。
Aサラダ油でスライスした玉ねぎをよく炒める。玉ねぎの色が薄茶色になった段階で擦った生姜とニンニクを加えて混ぜる。
Bそこへ@の「なすび」を加えて、中火で「なすび」がしんなり柔らかくなるまで炒める。一握りの「花かつおぶし」とウイラ・カレー粉ティースプーン1杯、塩・一味唐辛子を小さじ1杯ずつ、味の素・コショウ少々を加えて再び炒める。
C「なすび」がさらに柔らかくなると、火を消して、酢ティースプーン6〜8杯ほどを加えてよく混ぜれば、出来上がり!
料理のコツは、サラダ油・かつおぶし・酢を多い目に使うこと。
【チャナ豆カレー(10人前)】
(準備)チャナ豆500g、玉ねぎ半個、ピーマン2個、ウイラ・カレー粉。
(作り方)
@鍋に豆を入れよく水洗いをして、重曹(小さじ1/4)を入れて水に一晩つけておく。
A翌日、豆が柔らかくなるまで煮る。別の鍋でスライス切りの玉ねぎをサラダ油で薄茶色になるまでよく炒める。そこへ擦りおろしたニンニク・生姜、みじん切りしたピーマン、ウイラ・カレー粉(小さじ2杯)、ターメリック(小さじ1/4)、コショウ少々、シナモン・スティック(長さ3cm程)、塩(小さじ1杯半)を柔らかく炊いた豆の鍋に入れる。
B約15分程弱火で煮て、出来上がり。
コツは、豆が柔らかくなるまで、調味料を入れないこと。 
【チキン・サモサ(30個分)】
(準備)鳥ミンチ肉180g、玉ねぎ1/4個、ピーマンl個、湯がいたジャガイモ半個(約80g)、グリーンピース(50g)、ウイラ・カレー粉(小さじl杯)、塩(小さじl杯)、クミン・シード(一摘み)、コショウ少々、チリ・パウダー(少々)、市販のワンタンの皮l袋(30枚入り)。米 鳥ミンチの代わりに牛肉のミンチも美味しいです。
(作り方)
@フライパンにサラダ油を入れ、玉ねぎ(みじん切り)を薄茶色になるまでよく炒め、ニンニク・生姜(擦りおろすしたもの)少々を混ぜる。そこへミンチ肉、ウイラ・カレー粉、チリ・パウダー、塩、クミン・シード、こしょうを入れて炒める。或る程度に肉に火が通った頃、じゃがいも、グリーン・ピースを加えてよく炒める。
A炒め終わったものから「あら熱」を取って、ワンタンの皮に包む。包み方は、具をスプーンでワンタン皮の中央にのせて、少しずらした三角形を作り、上部の左右の縁を指先で水にぬらして内側に折って皮同士をつなぐ。
Bそれをサラダ油(170度位)で色付くまであげる。タバスコ、あるいはケチャップで召し上がって下さい。
【キャベツ・カレー(5人分)】
(準備)キャベツ半個(約500g)、玉ねぎ1/4個、ニンニク・生姜少々、ウイラ・カレー粉小さじ山盛り1杯、マスタード粒少々、フェンネル粒少々、ターメリック小さじ半分、酢大匙2杯。
(作り方)
@キャベツを5mmほどの幅にスライス切りする。玉ねぎもスライス切りする。
Aフライパンにマスタードとフェンネルを入れて火にかける。マスタードがはじけて細かい泡が出た時、玉ねぎとニンニクと生姜を加えて炒める。
B少し火を緩めて、塩、ウイラ・カレー粉、ターメリックを入れて混ぜる。そこへキャベツを加えてじっくり炒める。
C最後に、酢をいれて仕上げる。 コツは、強火ではなく、キャベツをじっくり炒めること。
【イワシのセイロン風唐揚げ(4人分)】
(準備)片口イワシ15〜16匹、ウイラ・カレー粉小さじ山盛り2杯、チリ・パウダー小さじ1杯、塩小さじ1杯、ブラック・ペッパー少々、ニンニク・生姜の擦りおろし、サラダ油、レモン。
(作り方)
@イワシの頭と内臓を取り、塩水で軽く洗う。そしてボールに移す。
Aウイラ・カレー粉、チリ・パウダー、塩、ブラック・ペッパー、ニンニク、生姜をイワシに加えて、混ぜる。約1時間ほど置く。
Bフライパンにサラダ油を入れて、最初は180度まで温度を上げて、イワシを入れる。
C次に160度ほどに温度を下げて、約1分間ほど油で唐揚げにする。
Dお皿に盛ったイワシにレモン汁をかけて、出来上がり。 コツは、イワシの骨まで柔らかくなるように低温でゆっくり揚げること。